札幌で車買取なら、一括査定サービスで高額査定業者を見つけよう!

札幌で車を売るなら、出来るだけ高く売りたいですよね。
札幌の車買取業者は、ガリバー、アップル、ラビット、カーチスなど、複数存在します。でも、どこで売るのが最も賢いのでしょうか??
車の買取業者によって査定金額はバラバラなので、見積もりを取って比較してみるまでは分かりません。

 

そこでオススメなのが、無料で使える車買取業者の一括査定サービスです。
約1分の入力で、最大10社近くの車の買取業者に一括査定が行えます。
業者ごとの買取金額を比較し、最も高額査定を出した業者に車の販売を検討しましょう。

 

≫あなたの愛車の最高買取金額を無料で一括査定!かんたん車査定ガイド

 

札幌で車買取│中古車の情報業者から教わった!車を1円でも高く売るポイントとは?

札幌で車買取をする前に、中古車の高額査定の為に、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

小さなキズは消しておく

車に出来た小さなキズは、消しておいた方が印象が良く、高価査定を受けやすいです。

 

大きなキズの場合は、修理費が高くつくのでそのままでもいいですが、浅いキズや擦り傷程度であれば、市販の研磨剤で簡単に消せるので、高価査定につながりやすいです。

 

内装も綺麗にする

車の外側も大事ですが、内装も重要です。ゴミやホコリはしっかりと掃除し、汚れは出来るだけ綺麗に拭き取りましょう。

 

また、ニオイも査定に影響する事が多いです。脱臭剤や換気で、ニオイが気にならない程度にするのが理想です。

 

エアコンやオーディオ、カーナビの動作チェックをする

車に搭載されているエアコン、オーディオ機器、カーナビが動く車は、高価査定の対象になりやすいです。

 

ですが、しっかりと動作しないと意味がありません。査定前には必ず動作チェックをしておきましょう。

 

1社だけの見積もりではなく、最低2,3社の見積もりを取る

中古車の査定金額や基準は、車買取業者によってバラバラです。なので、業者によっては数十万円単位で査定金額に差が付く場合もあります。

 

ですので1社だけの査定で、中古車を売却してしまうのは損をする可能性が高いです。必ず最低2,3社、時間があれば4、5社の業者から査定を受け、買取金額を比較するようにしましょう。

 

 

札幌で車買取!一括査定サービスの注意点とシミュレーション

札幌で最も高く車を買取ってくれる業者を探すのであれば、一括査定サービスはとても便利なサービスです。

 

ですが、一括査定サービスには注意点もあります。
それは、査定を申し込んだ直後から、買取業者の電話が複数かかってくることです。

 

これは、ぜひ当社で高く買取をさせて下さいという買取業者からの営業の電話になりますが、何も知らないと最初はびっくりします。

 

ですが、電話がかかってくる事が分かっていれば冷静に対処できるので、順番に車の査定金額を聞いてメモをしておきましょう。

 

全ての買取業者の電話に出なければいけない訳ではありません。自分が納得する金額が聞けるまで、色々な業者に査定金額を聞いてみるのも良いと思います。

 

また、他社の査定が分かれば、買取金額の交渉が出来る場合もあります。

 

「他社では○○万円で買取をしてくれると言われました。」と伝えれば、多少は買取金額をアップしてくれるかもしれないですね。

 

札幌で高額の車買取業者が探せる!おすすめの無料一括査定サービス

かんたん車査定ガイド

 

東証一部上場のエイチームが運営するかんたん車査定ガイドは、45秒のかんたん入力で、最大10社の無料一括査定が受けられます。ネットなので24時間いつでもOK。申込みの後に、過去の実際の取引に基いて出した査定金額が分かるので、売却時の参考になります。
≫かんたん車査定ガイドはこちら

 

 

ズバット車買取比較

 

(株)ウェブクルーが運営するズバット車買取比較は、全国150社以上が加盟している車買取比較サイトで、最大10社の無料一括査定が受けられます。
累計100万人以上が利用した実績があり、カスタマーサポートのお問い合わせ対応などもおすすめポイントです。
≫ズバット車買取比較はこちら

 

 

カーセンサー.net


リクルートが運営するカーセンサー.net。こちらも24時間申込みOKです。買取や下取りについての情報も多く、参考になります。
≫カーセンサー.netはこちら

 

札幌で車買取 高く車を買取って貰う為の知識

車買取の査定でマイナスになる部分とは?

車買取でマイナスになるのが内外のダメージや汚れです。例えばボディに傷やへこみがあったり日焼けをしている、車内に煙草の焦げや臭い、ステッカーが貼ってあるなど、こうした部分は販売する上でも支障になってしまいますので減額にされてしまうのです。

 

修復歴がある場合もマイナスです。車はフレームにまでダメージを受けていると価値が低くなることが多く、わずかな修復歴でも大幅に減額をされてしまうことがあります。なお外観を修理した程度ならそれほど影響はないことが多いです。

 

故障や不具合個所がある場合も減額です。エアコンが効かなくなっていたり、エンジンから異音がするなど、正常ではないところがあるのはマイナスに取られます。もしそういった部分がある場合は隠さずに先に伝えておくことが大切です。

 

隠しておくと気づかれてしまった時の印象が悪くなり、また、他にも隠しているところがあるのではないかと、安値を付けられることもあるのです。

 

純正の装備がないのも良くありません。最初から装備されていたパーツは人気があり、もし社外品に交換されているようですと減額対象となります。そのためカスタムをした状態で売りに出すと安値になることがあるのです。ただしカスタムをしていても純正のパーツをセットで売るようにすれば問題がないこともありますので、できるだけ用意しておくのが望ましいです。

 

走行距離が長すぎる場合もマイナスです。月あたりの標準走行距離を1000キロとし、それよりも多く走っていると減額になることがあります。ただ車は走らなすぎるのも良くありませんので、極端に少なすぎる走行距離の場合もマイナスになることもあるのです。

 

走行距離の少ない車は高額査定になる?走行距離の目安とは

車を手放すときには、自分の車にはどのくらいの値が付くのか気になることでしょう。

 

その値段次第によって、手放すかどうかの判断基準にすることもできますので、大体どのくらいになるのかの目安を知っておきたいものです。
車の査定をしてもらう時に判断基準にになるものとして、走行距離があります。

 

一般的なイメージとしては、走行距離が凪車よりも、短い車のほうが査定額が高くなるというイメージを持っているはずです。
実際のところこれはその通りで、走行距離が短い車のほうが査定額が高くなる傾向にあります。

 

まず目安としては、一年間で一万キロという目安がありますので、これを下回るか上回るかが重要です。
新車購入時から5年経過している車の場合は、3万キロ走行している車と、7万キロ走行している車では、走行距離の短い3万キロしかそうこうしていない車のほうが高い査定額を出してもらえるようになります。

 

それならば、走行距離が長い車はかなり低い査定額になってしまうのでしょうか。
これは判断する業者によっても変わってきます。

 

海外への販売ルートを持っている業者の場合は、走行距離が長い車だったとしても、海外での需要は高いですので、高い査定額をつけてくれる場合があります。

 

日本国内での販売ルートしかもっていない業者に査定をしてもらうのとではかなりの差が出てくることになりますので、走行距離が長い車だからとあきらめるのではなく、海外への販売ルートを持つ業者を探し、高い査定をつけてもらうといいでしょう。